HOME > セールスコンサルティング

scb.jpg

セールスコンサルティングの主な業務


scb2.png


永続的企業として発展するためには、マーケットの変化をいち早く捉え対応する事が必要です。
テクノロジーの発展やニーズの変化によるマーケット構造の変化は、営業組織や営業手法にも非常に大きなインパクトを与えます。そのような中、マーケットへの対応の遅れは、コンペティター(Competitor)に対する自社の優位性を損なう事にもなり、収益成長率向上に大きなインパクトを与えます。
営業コンサルティング サービスは、クライアント企業の継続的な収益成長率向上にフォーカスし、構築から実施検証〜移築まで行います。
収益成長率を向上させるためには、新規顧客開拓も必要ですが、同時にクライアントのLTV(ライフタイムバリュー)を最大化させることも必要となります。
国内外のクライアント企業でコンサルティングを実施してきた知識やノウハウは、クライアント企業にカスタマイズされたハイパフォーマンスなパイロットモデルを短期間で構築するだけでなく、収益成長率の向上に結び付けるための様々な支援を行います。
新規顧客開拓営業モデルの構築アプローチとして、既存顧客の収益性(成長性)からターゲットセグメントのポテンシャル予測を行い、戦略的ターゲットを特定、最適化されたアクションプランを策定していきます。具体的なアクションプランはアクティビティとしてマーキング、テストマーケティングを行う事によりパイロットモデルとして落とし込みを行います。ポテンシャルを最大化させるために運用改善をクライアント企業のマネージャーとともに実施、高い収益を生むハイパフォーマンスな営業モデルを構築します。
低成長期に入り、より高度なレベルでの業務推進が求められている国内マーケットにおいて、当社 コンサルティング ケーススタディは外資系企業や国内大手・中堅のクライアント企業など数多く存在します。既存顧客のLTV向上、顧客開拓数の増大という業務課題を解決、収益成長率の向上もしくは改善に成功したクライアント企業が当社の財産です。